ぼくはきみがすき!

他愛ないひとりごと

2016年をゆるっと振り返りたいお話

 

 

あっという間に大晦日ですね。みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 

わたしは大して何をするわけでもなくぽけーーーーっと1年過ごしておりました。きょうもアホの子絶好調です。ありがとうございます。

 

 

それではのんびり2016年振り返ってまいります。

 

 

 

 

 

 

 

 

6月。なの、「マクベス」のチケットを手に入れる。

正直取れると思わんかった……………絶対無理だと思ってた……ありがとう神様………ありがとう丸ちゃん………。

 

野望と恐怖のなかでぐらぐらと揺れる彼のお芝居に引き込まれた私は、2時間30分もの間、彼と同じように涙し、彼と同じように怯え、呼吸が止まるような思いで舞台上を見つめていたことをよく覚えています。

 

カーテンコールにてキャストの皆様とにこにこ笑ったり、2階席を覗き込むようにしながら手を振ってくれる丸山くんを見たとき、緊張の糸がしゅるりと解けていくような感覚を味わいました。

 

そしてそれと同時に、マクベス王として、役者として、丸ちゃんとして、アイドルとして生きる彼は、どんなに近い距離にいても本当は遠くて遠くてまるで別世界の人間なのだと改めて実感しました。寂しくて、うれしくて、自分でもよくわからない感情でした。

 

丸ちゃんをますます好きになった一日でした。

 

 

 

 

7月。なの、ジャニーズWESTに出会う。

以前もお話ししましたがわたし、MUSIC DAYズンドコパラダイス出の新規なんです(長い)

レアキャラを自称しておりますが「わたしもMUSIC DAYズンドコパラダイス出の新規だよ~~」って方いらっしゃいましたらご一報ください。あの日のズンドコパラダイスについてぜひ語り合いましょう。(?)

 

お恥ずかしい話ではありますが、当時ジャニーズWESTのことを存じ上げなかった私。エイトの後輩くん。全員の名前とお顔が一致していない。なんならレコメンレギュラー交代をあまりよく思ってなかった時期もありました。

 

でも気付けば、彼らの虜です。

 

常にクレバーにグループのことを考え大切にしてくれる淳太くん。

メンバーだけでなくファンまでも大きな優しさで受け止めてくれる濵田くん。

いっぱい食べる姿がほんっっっとうにかわいらしい頼れる親方照史くん。

5歳児で不器用で、まっすぐにメンバーを想っている七色シゲちゃんこと重岡くん。

歌もダンスもストイックに極める努力家の神山くん。

お顔は国宝級に美しいのにぽわぽわしているギャップ王子流星くん。

みんなから溺愛されてすくすく育つビックベイビー小瀧くん。

 

そんな素敵なグループ、ジャニーズWESTに出会わせてくれた神山くん(のズンドコパラダイス)にありがとうの気持ちでいっぱいです。

 

だいすきなもうひとつのグループ、これからもずーーーっと応援しています。

 

 

 

 

12月。なの、初めてコンサートに参戦。

以下、いわゆる叫び厨に遭遇してとてもテンションが上がるなの氏の図。

(こっ、これが噂の叫び厨…!まだ始まってもないのに叫んでいる!アップか?アップしてるのか?周りのお客さんが冷ややかな目で見ても気にも留めない!ロックだろうとバラードだろうと、たとえ大好きな〇〇くんが歌っていようが関係ない!場の空気が通用しない!折れない心!すごい……プロだ……プロフェッショナルだ………酒焼けしたみたいな声してる……喉痛そう……めっちゃ叫ぶじゃん……えええ…すごい………)

本当に喉が心配になりました。最初のうちは何回叫ぶのか気になりすぎてカウントしていましたが、開始5分で30回を超えたあたりで生産性がないことに気付いてやめました。単純計算で10秒につき1回。元気いっぱいだなあ。

 

ご縁があって東京公演へ参戦してまいりました。

 

うちわも用意していなければ、自担カラー(そもそも誰なのか)の服も着ていない、学校帰りにふらっと寄りましたみたいな雰囲気で、ぽやぽやとした気持ちのままたこ焼きペンライトを片手にスタンド席へ腰を下ろしました。

 

真っ暗な会場の中、ぱっと一点に集中するスポットライト、湧き上がる歓声。

 

そこにいたのは、画面の向こうで見ている人たちで、大好きな人たちです。当たり前のことなんですが、これがとても信じられなくて、うれしくてうれしくて仕方がありませんでした。

そこからはもう一瞬のことで、頭が真っ白で、うまく言葉にできません。大笑いしたり、息をのんだり、きらきらした彼らの姿が眩しかったり。ひとつひとつしっかりと、わたしのなかで大切に取っておきたいと思います。

 

あっ、みなさんご存知でしょうけど、アンコールにて気球でぽわぽわと浮かびながら、こちらのスタンド側に向かって手を振ってくれたやすくんは紛うことなき天使でした。

 

 

関ジャニ∞をすきになってよかったなあ、ってじわじわあったかい気持ちになりながら、帰りの電車に揺られました。

 

 

 

 

 

 

他にもたくさん、振り返ってみればいろんなことがありました。本当はもっと書きたいことがたくさんあります。

なにせ学がないもので己の感じたことをぴったり表す文章を考えるために頭フル回転です。表せてないしつかれました。パンクしそうです。ぷしゅーーーん。

 

 

 

 

 

とってもしあわせな1年でした。

これからものんびりまったり、彼らを応援して参りたいと思います。

こんな私ですが、来年もよろしくお願いいたします。敬具。

 

 

年越しそば~~!お雑煮~~~!かまぼこ~~~!わ~~~~い!